ホーム>プロフィール

 

天藍月組舞台(てんらんつきぐみぶたい)とは

長野県松本市で活動中の演劇集団です。

劇団ほどはカチッとしていなく、サークルよりはしっかりと。

2011年1月から活動を始めました。

この団体名は、何となく優雅な感じがすればよいと言ったもので、

深い意味は有りません。

 

ゴシックやパンクといった衣装を身につけ、

殺陣やアクションを取り入れた舞台を上演します。

 

稽古では柔軟・発声練習から身体表現・感情表現の練習をします。

稽古日は週2回ほど。公演の4ヶ月前くらいから始まり、

本番の直前1ヶ月前からは、稽古日が増えます。

 

また、天藍月組舞台は長野県で演劇やイベントを頑張る女性を応援しています!

色々と大変なことの多い世の中ですが、

私たちの活動を通して松本市やその近郊市町村、

そして長野県を明るいものにしていきたいと考えています。

それを通して、新しい自分、今までとは違う自分を見つけたい人は是非!

 

 

入団者・出演者募集

新規入団者や、単発での公演出演者を募集中!

現在10代~20代の女性を中心に集まっています。

もちろん男性も歓迎。

アクションやファンタジーが好きだったり、

ゴシックやパンクの衣装が好きな人は是非。

 

稽古見学も随時受け付けています。

稽古場所はサイト上部の「稽古場」を御覧ください。

2011年の稽古は8月のお盆過ぎから始まっています。

 

公演の準備が始まると、

稽古は週2回のペースで行われ、

本番直前1ヶ月前は稽古日が週3回程度に増えます。

公演の無い期間中は2週間に1度位の稽古となります。

 

入団・出演に際し、年齢・性別の制限は有りませんが、

稽古場まで自力で行き帰り出来ることと、

公演準備期間中は週1回以上の稽古参加が必須条件です。

また、未成年者は保護者の同意が必要です。

 

 

質問や参加希望者は、

サイト左側の「お問い合わせ」からメールを送ってください。

 

 

 

料金について

これから第一回公演を控えているためまだ確定はしていないのですが、

公演会場使用料・衣装代・セット製作費などが必要となるので、

一回の公演につき一人10,000円程の費用が掛かります。

公演ごとに費用を集めて準備します。

公演は年一回~二回を予定。

チケットノルマは有りませんが、

お客さんに大勢来て頂けるよう張り切ってもらいたいです!

 

 

天藍月組舞台
天藍月組舞台